FC2ブログ

気付いたことと改善。

  18, 2017 00:02
お久しぶりの更新です。
文章だけですがわたしのトレードにとって大事なことを書きます。


億トレーダーの方がポジション画像をツイッターにアップしていて
拝見しましたが、をれを見た瞬間
気付いたことがあったので手法に少し改善を加えました。

その方のトレード画像は
1Mレベル(おそらく30M,1H程度の大きな流れは見ているであろう)で
一方行にポジションを積み増していました。

ナンピンを悪とはいいませんが
わたしには不向きな戦略であり、
資金を溶かした時も負けているポジションを積み増す事で
取り返しのつかない損益を得ていたためナンピンをしないことを前提に考えると
それはおそらく以下のような戦略。

・裁量ロングポジション
・次の高値更新イフダンロングなど

更に不利な玉(後でエントリしたイフダン)のテイクプロフィット(利食いライン)
を近く、最初に入った裁量ロングを伸ばし遠めのテイクプロフィット。

つまり勝ち玉しか積み増すことをしないということ。
含み益が出て→値動き次第でさらに買う。
しかも結構な短いスパンで。利食いもPIPS目標があってだろうか、割と近くだと感じた。
単純だけれどギャンブルにならない賢明な手法だと感じる。


それができるという根拠は

節目を分かっていること
どこへ向かっているかという大きな流れを知っていること。

短期トレードでは是非採用したい。
というかすでに取り入れて短期トレードを行ったが
まるでマニュアルのように利益を積み増すことができた。

ただ、方向感が定まっている時と
見ている時間がある時は良いが
レンジブレイク期待イフダンをちょび更新で狩られて往復ビンタを食らったことがあった。
いずれも同じ思考の愚衆のおかげで
プラス圏には行くものの、スマホトレードを主としているため
トレーリング自動追尾が無く、逃げる間もなく踏み上げて
まるまるストップロスを食らうということが

多々。ほとんどこれでマイナスを被っている。


トントン逃げできる機会を逃す(そこまで見る事ができないなら)のであれば
レンジに手を出してはいけない。
レンジと気付いたら短期的な逆張りでレンジ売買をすればいいのですが
先日のは高値も安値もちょび更新し難しさを感じた。

レンジかどうか見極める材料が必要。
急こう配の下落であった場合
上昇へ反転するには時間的調整もある程度必要であり、

急落して4Hベースの節目で下げ止まったのであったら
戻りが来ると予見できるが
4Hベースの場合、まず戻りへ向かうためのブレイクアウト(小時間軸)に
相当の時間を要する場合があるので
値動きの弱った調整でエントリしないこと(または割り切ってレンジ売買をするか)
4Hベースで転換のローソクが確定してからでも遅くなかったのではと
感じた。
どの時間軸ベースに動いているかも時間的調整や調整幅の目安にできそうだ。

ただしまだこれを前提に観察しなければと思う。

とにかく今月はレンジ売買を行って検証するか
回避するかでここを克服するすべを研究します。
明日からまた開場。頑張りましょう。

スポンサーリンク






250サイズうらら 


以下かなりまちネタですが
現在地元福井越前町の3歳の幼児蓮くんが行方不明ということで
毎日のニュースでも必ず経過が報告され県内の一大事といった感じですが
一向に見つかりません。様々なうわさが飛び交っています。
両親の陰謀論とかね。両親のSNSを荒らす方が居たりね。
最近日本特有の匿名文化の怖さを感じます。
正直その風潮には呆れますね。必要なのは彼が無事であることであって
両親を叩くことでも真相を調べ推測して盛り上がることでもないです。
ただ値動きに追随するように、ご家族が探していて無事であって欲しいと祈っている事実
(わたしたちが知り得る範囲の事実)に従うしかないですね。。
仮にそれが陰謀である可能性だって無いことはないのですが
転換の予兆があるまでは事実に追随するべきです。
わたしはとにかく無事であることを祈っています。


投資とは人生の様々なシーンで役立つ事だと常感じております。
すべてのことを妄信せずに事実と結果に追随する。



スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment

What's New